教育方針

"カトリックの愛の精神に基づいた人間教育を実践し、
子どもの心身の健全な成長を育む。"
バランスのとれた教育
藤幼稚園では、人間の目的・教育の目的を見極め、発達上の課題に合わせて幼児期にはどうしなければならないかを考えながら、人格形成の基礎をしっかりつくることに重点をおいています。
教育・保育の目標
%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%A7%98_edi
~神の愛を身近に感じてほしい~

カトリック園が大切にしていること

 1.一人ひとりを大切にする

 2.思いやりのある心を育てる

 3.祈る心

 子どもたち一人ひとりの幸せのために、共に力を合わせてまいりましょう。

愛にあふれた環境で育まれる

“自立・自律しようとする心”

“友達を思いやる心”

“自分が何かの役に立つことの喜びと自信”

宗教教育について

本園の教育・保育方針について

 本園は学校法人釧路カトリック学園の設置する幼稚園で、幼児の教育・保育もカトリック的な人間観に基づいて行ないます。自由と個性を重んじ、身体の健全な発達を助けながら、特に素直で純真な心の教育に力を入れております。

 人間の目的、教育・保育の目的を見極め、発達上の課題に合せて幼児期には、どうしなければならないかを考えながら、人格形成の基礎をしっかりつくることに重点をおきます。

 主として生活指導と遊びを通して基本的なことが身につくようにしておりますが、根底を流れている考えはカトリック的な価値観に基づきます。

人間の目的

神からうけた芽と素質をできる限り発展させ、その完全性を豊かにうけて永遠に神と共にあるようによく準備する。

人を一人の人間として、又社会の一員として円満に発展させる。

教育・保育の目的

幼児教育・保育の根幹

生活指導

あそび

宗  教

 左の図で見るように、幼児教育・保育の根幹としては宗教的な人間観、世界観を根底にして人間としての生き方、ものの考え方、人と人の交わり等を、こどもの生活そのものである「あそび」を通して高めていき、またよい社会人として社会に貢献する事ができ、明るく豊かな充実した生涯をおくる為にも個人、又は集団として、身につけなければならないものを「生活指導」の形でとり上げよく身につくようにしたいと考えております。こども達の生活の中では当然祈りと聖歌が有り、良心や感性を育む上で大切に行いたいと考えます。

 神の愛によって創られた人間として、愛されている自覚を持ち、神と人とを愛する心。生かされていることを悦び、讃美と感謝、お詫びと赦し、素直で信頼する心が育まれるように努めます。

教育・保育目標を掲げると次の5項目に大別されます

  1. 年齢や個々の特性に応じて、安全で健康な心身の基本づくりをし、たくましい子供。

  2. 愛されていることの自覚が持て、感謝の気持ちで人と関わり、尊敬と思いやりのある子供。

  3. 自然の美に触れ事象に関心を持ち、生かされていることを悦び、種々の命を大切に困難にあっても、信頼して頑張る子供。

  4. 落ち着いて人の話を聴くことができ、自分のよい考えや、感じたことを素直に話せる子供。

  5. 一人ひとりが、神から与えられた諸能力を充分に発揮し、共に表現活動の楽しさを味わい、心身調和のとれた子供。